恋愛経験なしのブサメン劣等感男に彼女が出来た理由

恋愛は面倒くさいとか、興味が無いとか言って、逃げてちゃダメだよ。

小学生の頃からチビ、デブ、ブサイクだった私は、運動はもちろん勉強も出来なかった。ちょっと動いただけで汗が滴るぐらいの汗っかきで、『キモ三郎』というアダ名をつけられていました。

 

中学、高校と進学してもチビ、デブ、ブサイクは変わらず、クラブ活動にも参加せず、帰宅部でした。好きな女子もいたのですが、内気な私は告白もしないまま遠くから見ているのみでした。

 

社会人になった頃から、チビ、デブ、ブサイクにハゲが加わりました。
最強のモテナイ男子です。

 

そんな私ですから、今までお付き合いした女子もいないし、だいたいが、女の子とほとんど話したことさえありません。

 

それでも、運命の出会いを求めて何度か合コンやお見合いパーティに誘われて参加したこともありました。でも、『何かキモーイ』と囁かれて、ほとんどしゃべりも出来ずに笑い話のネタにされて終わりでした。

 

先輩からは『今度、君か毛虫に生まれ変わらないといけないとしたら、俺は毛虫をとるよ。毛虫は蝶になれるしな。。お前、ほんとにキモイな!』と言われてしまいました

 

私など生きている価値も無いんじゃないの。いっそ、死んでしまいたい!!

 

どうにもたまらず、昔は私と同じくらいモテなかった友人に相談しました。
久しぶり会う彼は、以前のおどおどした所がなく堂々としていて、自信に満ちあふれていました。

 

『恋愛は面倒くさいとか、興味が無いとか言って、逃げてちゃダメだよ。駆け引きが出来る恋愛テクニックも無いし、だいたい恋愛の仕方もわからない。という君たちのようにモテない者は恋愛の勉強しなきゃ一層孤独になっちゃうよ。実は、俺がそうだったんだが。。人生は一度だけ、人は幸せになるために生まれて来ているんだよ。

 

今は、彼女が3人もいるというその友人が教えてくれた恋愛アカデミーで必死に学びました。わらにもすがる思いでした。

 

そして、そして、ついに彼女が出来ました。生きていく自信のようなものが出来ました。

 

今までと同じ毎日を送っているはずですが、こんなに毎日が楽しいことを始めて知りました。

 

彼女とは結婚を考えています。

 

一般には、あまり知られていない恋愛アカデミーを教えてもらった友人と恋愛アカデミーの先生に感謝です。

 

恋愛アカデミーはコチラ ↓↓↓
出会いを10倍に増やし、妥協なしの美女と幸せを手に入れた秘密